サマナーズウォー ギルドバトルで得する3つのコツ

サマナーズウォー ギルドバトル

サマナーズウォー楽しんでいますか?

ギルドバトルでギルドポイントを稼いでいますか?ギルドショップでは「☆5モンスターの召喚書」や種類関係なく使える便利な召喚書があります。

ここでは効率よくギルドポイントを稼ぐ3つのコツを紹介しています。個人で理解してもギルドバトルはチーム戦です、ギルド全体で理解して効率よくポイントを稼ぎましょう。

※ここでは「10人対10人」で話を進めていきます。

ギルドバトルの仕組み

Ver1.7.0で大きくバトルの仕組みが変わりました。

=== Ver1.7.0での変更点 =================================

参加人数は「10人対10人」「20人対20人」という制限が取り除かれ10人〜25人まで好きな人数でエントリーできるようになりました。そして、人数差5人まででマッチングが行われます。例)11人対16人

勝利条件も変わりました、今までは人数が同じだったため「30%未満」と固定だったのが変わります。

ギルドバトルの上のゲージを見れば一目瞭然です。

Screenshot_2015-07-20-11-45-12

これは自ギルド11人対相手ギルド16人でゲージは43.6%となります。

計算式:勝利ゲージ30%×相手ギルド16 人÷自ギルド11人=43.6363636…となります。

=========================================

まず、ギルドバトルは10人対10人で行いますが、基本的にはマッチングされたチームへの一方的な攻撃で勝敗の判定が行われます。

ギルドのリーダーもしくは副リーダーがギルドバトルの開戦を宣言すると現在のギルドのマッチポイントを元にマッチングが行われます。ギルドバトルが開戦宣言されてから12時間が攻撃を仕掛けられる時間になります。※時間内に相手チームへの勝利が確定した場合、確定してから30分で終戦となります。現在は勝利宣言するまで継続するように変更されています。

勝利条件は相手チームの全体HPを30%表示されている数字未満に減らすことです。詳細は後述。

攻撃用の3人パーティーを2つ用意して、相手の拠点を攻撃します。攻撃権利は3回あり、3箇所の拠点に対して攻撃を仕掛けることができます。同じ拠点へ複数回攻撃はできません。

敵ギルドの拠点には相手が設定した防御用のパーティーが2チーム設定されています。1チームに3人までモンスターを設定でき、2チーム内で同じモンスターは設定できません。覚醒前と覚醒後も同じモンスターとして扱われます。

また、攻撃時に死亡してしまったモンスターは現在行っているギルドバトルが終了するまで再使用できなくなりますので注意してください。但し、別に控えている同じモンスターは使用できます。例)ラマゴスAが倒された⇒次の戦闘でラマゴスBをパーティーに設定は可能

 

勝利するためには?

先ほど勝利条件として「相手チームの全体HPを30%表示されている数字未満に減らすこと」と記載しましたが、どうすれば相手チームのHPを減らせるのか?ずばり、相手の拠点を攻撃して相手のパーティーに勝利すれば減らせます。引き分けでも5%減らすことができます。

では、どれくらい減らせるのか?これは現在の相手拠点のHPの30%となります。そして、現在のHPの30%が全体の10%未満の場合は10%になります。

つまりこうなります。

攻撃  現在のHP ダメージ 勝利後の相手HP
1回目 100% 30% 70%
2回目 70% 21% 49%
3回目 49% 15% 34%
4回目 34% 10% 24%
5回目 24% 10% 14%
6回目 14% 10% 4%
7回目 4% 4% 0%
8回目 0% 0% 0%

 

1拠点に対して2チームあるので、無傷の敵に2チームとも勝利すると30%+21%=51%減らせます。

このダメージを10分の1にした値が相手ギルド全体への影響になります。(10人いるため)

上図から分かるように、1つの拠点は7回の勝利で壊滅します。つまり、最速では4人からの攻撃で壊滅 となります。また、同一拠点への攻撃は回数が増えるほど与えられるダメージが減っていくことに気が付いたと思います。

無傷の拠点への完全勝利(2勝)が拠点の51%減らせるのに対して、壊滅寸前の拠点への勝利は4%しか減らせません。(4%しか残っていないため)この差は12倍以上あります。もちろん、相手ギルドへのダメージは10分の1の0.4%にしかなりません。

戦闘前ゲージ 攻める前のゲージ(62.6%)

 

壊滅寸前拠点への勝利 勝利時の相手拠点のゲージ変動

 

戦闘後ゲージ 攻めた後のゲージ(62.2%)

 

効率の良い攻め方

効率の良い攻め方と書きましたが、戦闘は個人戦です。拠点の強さは無傷時も壊滅寸前も変わりません。ではどういうことか?

これは自分の役割(ギルド内での強さ・順番)を考えて攻めることです。

チーム全体が勝利を意識した戦闘をするのか、自分だけの目先の利益優先に走るかでギルドバトルの勝敗の難易度が決まります。例えば10人全員が戦闘を仕掛け、全員が勝利するようなギルドであれば誰がどこを攻撃しても勝利は確実ですが、そうでない場合はしっかりと協力しないと勝利できません。つまり、損をします。

例えば「弱い防衛パーティーが設定してあり、ボーナスがついている拠点」は人気となります。誰でも楽して多く稼ぎたいのは一緒です。倒せるか分からない拠点を攻撃して敗北して0ポイントになるのは嫌なので確実に勝てる拠点を狙いに行くと思います。ましてやそこにボーナスがついていたらなおさら狙いに行くでしょう。

しかし、同じ拠点を攻撃すると相手ギルドへのダメージが少なくなっていくシステムなので、ギルドでの勝利が難しくなっていきます。

では具体的に表で説明します。

下の表の見方ですが、ギルドバトルの画面で向かって左からA~Jという風に表しています。ご存じの通り上位5つにはボーナスが付与されます。チームに勝利した時に本来の勝利ポイントに加えてさらに貰えるポイントになります(下図では+2)。右の与ダメージは攻撃成功時に与えるダメージのことで、例えば無傷の拠点2チームに勝利すると30%+21%=51%与えられることを示します。

拠点 ボーナス 与ダメージ
1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目
A (+2) 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
B (+2) 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
C (+2) 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
D (+2) 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
E (+2) 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
F 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
G 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
H 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
I 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%
J 30% 21% 15% 10% 10% 10% 4% 0%

 

まず各々が自分勝手に目先の利益を追ったケースを見てみましょう。

例えば、相手ギルドが戦術としてボーナス付きの拠点にわざと弱い防衛キャラ(低LVモンスターを1匹だけなど)を設置した場合、どのようになるか。

自分の利益に走った戦闘右の図のようにA,B,Cの拠点から順に攻撃をしていきます。1拠点は7回の攻撃で壊滅するので、4人が攻撃した時点でA,B,Cの拠点は壊滅します。

仕方ないので、5人目はD,E,Fの拠点を攻撃することになります。6人目も同様です。

6人が全員勝利した状態ですが、相手ギルドのゲージの減りは(30%×6+21%×6+15%×6+10%×12+4%×3)÷10=52.8%

相手ギルドの残りゲージは47.2%まだ勝利できない状態です。

 

では次に、効率よく攻撃したパターンです。同様に6名のギルドメンバーと仮定しましょう。

効率よい攻め方ギルドメンバー1~5が均等にボーナス付き拠点を2か所ずつ攻めて、ギルドメンバー6がボーナス付き拠点を1か所攻めた場合になります。全拠点に対して攻撃を行っているので効率よくゲージを減らすことができています。

減らしたゲージは(30%×10+21%×10+15%×7+10%×9)÷10=70.5%

相手ギルドのゲージは29.5%となり30%未満に減らしているので勝利となります。

このように均等に攻撃するとわずか6名で勝利できるのです。

 

どっちが得なの?

さて、2つの攻撃パターンを例に出しましたが、それぞれのギルドメンバーはどれ位ギルドポイントが稼げたのか。確認してみましょう。勝利で5ポイントと仮定します。

各々目先の利益を追って攻撃した場合(拠点に集中した場合)

ギルメン1,2,3,4:(勝利ポイント5+ボーナス2)×6勝=42ポイント

ギルメン5,6:(5+2)×4勝+5×2=38ポイント

効率よく攻撃した場合(均等に攻撃した場合)

ギルメン1,2,3,4,5:(5+2)×4+5×2=38、さらに勝利で同ポイント38、チームに10=86ポイント=76ポイント

ギルメン6:(5+2)×2+5×4=34、さらに勝利で同ポイント34、チームに10=78ポイント=68ポイント

どちらが得でしょうか?もちろんわかると思いますが、チームの勝利を踏まえた攻撃が得だと分かりますね。勝利した場合は戦闘で得たポイントと同ポイントがバトル終了後に勝利ボーナスとして貰えます。さらに10ポイントチーム全員に配られるのです。

※防衛成功ポイントを混同していました。すみません。

つまり、個人でどこを狙うかよりギルドで勝利することのほうが余程大事だということです。

しかしギルドによっては全員がちゃんと攻撃をするギルドも多いと思います。その場合には均等に攻撃が行われてしまうと、先ほどの例でいうと6人目の3拠点目への攻撃が終了した時点から30分でギルドの勝利が確定してしまうので、残りの4人が攻撃する機会が失われてしまいます。

ですので、この攻撃の仕方はギルドによって相談しなければならないと思います。

※Ver1.5.7からギルドの勝利が確定しても、勝利宣言をするまでギルド戦が終わらなくなりました。

以下は10人全員が攻撃できるパターン(超理想形)

smns-gw-ptn4 ちゃんと時間内に10人全員が攻撃して拠点に勝利できるという確証がある場合は理想形はこちらになると思います。

全員ボーナス付きを2拠点分攻撃でき、しっかりと勝利できるパターンです。

 

減らしたゲージは(30%×8+21%×8+15%×8+10%×22+4%×7)=77.6%

残りは22.4%と勝利しています。

ギルメン1から順に攻撃していったとして、ギルメン9が拠点Hを攻撃した時点で30%未満になってしまうので、ギルメン10の攻撃タイミングを待つ必要がありますが、上手くタイミングさえ取れれば、全メンバーがボーナス付拠点を2箇所ずつ攻撃でき、勝利できる」わけです。

 

さて、長々と書いてきましたがギルド全体が得をするコツとしては

  • ギルドで攻撃方針を決める(参加のタイミングなど)
  • 自分の役割(ギルド内での強さ・順番)を考えて攻める
  • 目先の利益を追わずギルドの勝利に貢献する

この3つになります。
また、この記事のアイキャッチ画像にも書かれていますが

『貴方はギルドの勝利の為、目先の利益を我慢できるでしょうか?』

本当にこれに尽きると思います。

 

では、よいギルドバトルを!

 

 ■更新履歴
【2015年4月23日】:「勝利時にチームに10ポイント加算される」という内容を訂正するため、加筆しました。
【2015年5月12日】:Ver1.5.7からギルド戦の終了条件が変わった内容を反映するため加筆しました。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です