あなたが1円パチンコを止められる理由

1円パチンコにはまっている貴方へ

止めたいけど、中々止めれないという方は是非読んでみてください。

止めなくてもいいという方も一度読んでみてください。

皆さんは何目的で1円パチンコを遊戯しているのでしょうか?

考えてみたことありますか?

  • 暇潰しのため
  • 演出を楽しむため
  • 人との付合いのため
  • お金を稼ぐため

たぶん、このあたりが大多数ではないでしょうか。では、それぞれ分析してみましょう

 

1.暇潰し・時間潰し

ちょっとした時間を潰すために、ちょっと1パチを…。こういう人は多いと思います。でもちょっと考えて見てください。

実際に1000円でどのくらい時間が潰せると思いますか?
現実的に分析してみましょう。

2014年4月1日の消費税増税以降、現在1000円での貸し玉は960玉位かと思います。
この960玉を消化するのにどれくらい時間がかかるか試算してみましょう。

<ケース1:まったくヘソに入らなかった場合>

パチンコの打ち出し間隔は約0.6秒だそうです。
960玉×0.6秒≒576秒≒9分36秒

つまり1000円分の持ち玉をおよそ9分36秒で使い切ることができるということです。

では1時間遊ぶのには
3600秒÷576秒=6.25=6250円

1時間遊戯するのに6250円分の持ち玉が必要になります。
まったくヘソに入らないということはまずないので、現実的なケースで10発に1発は入賞して3発戻りがくると試算します。
※相当釘が良くないと無理だと思います。

<ケース2:10発に1発ヘソに入賞した場合>

960発打って96発がヘソに入るので戻りは96×3=288玉

(960玉+288玉)×0.6秒≒749秒≒12分29秒

 

1時間遊戯するには
3600秒÷749秒≒4.806=4806円

 

以上の結果から

大当たりしなければ1000円でたったの9分~12分しか時間が潰せません。

1時間時間を潰すのに4806円~6250円かかるのです。

ちょっと奮発したご飯や居酒屋に行けますね。

時間があれば映画なんかも全然いけます。

もしくは超安いキャバクラ(初回セット・場内指名なし・ハウスドリンクのみ)(笑)

ここで言いたいのは「思ったよりお金がかかる時間つぶしになっています。。。」ということです。

 

2.演出を楽しむ

これは自分も一時期そういう理由を言い訳にやっていましたが、
実際には動画サイトでも演出は楽しめます。ましてレアな演出というものは中々拝めるものではありません。
臨場感とかそういうもののために馬鹿みたいな無駄な出費をすることはありません。

 

 

3.人との付合い

友人に誘われた、会社の同僚に誘われたという理由でパチンコ屋に付いていく。
お金がもったいないのでレートが安い1パチで時間を潰して、もし安い投資であたったらラッキーという考え。

一時期自分にもそういう考えがありました。でも、考えてください。

その浪費するお金と時間で別のことをやりましょう。
その友人にもっと有効な「お金と時間」の使い道があることを提案しましょう。

 

4.お金を稼ぐため

これは本当に良く考えてください。
人間は自分が勝った時(良い時)の印象は強く残っていても、負けた時(悪い時)の印象は忘れていまいます。

思い出してみてください。

大勝ちした時の金額は覚えていると思いますが、負けた時の消費金額を覚えていますか?

また、パチンコ屋で目に付くのは、大当たりしてドル箱をたくさん積んでいる光景ですが、
その他のドル箱を積んでいない人は今まさに絶賛消費中なのです

パチンコ屋をざっと見回してみてドル箱を積んでいる人と積んでいない人の割合はどうでしょうか?

ドル箱を積んでいない人の方が多いはずです。
また、いまドル箱を積んでいる人も、大当たりするまでにどれだけお金をかけたかが見えないので、
ドル箱を積んでいても負けている人もいるはずです。

何より、客の入っているパチンコ屋が潰れないのは店が収益を上げているからなのです。
(経費:台導入・電気代・人件費・景品代)<(収入:客からの入金)

単純に言うと、あなたが勝ったときでも他の多数の人が負けているのです。

貴方は一度勝った印象が忘れられず、小額で負けた回数などは都合よく忘れてしまうカモ客になっている場合があります。

 

 

総合的にまとめると

大音量で耳を傷めながら、他人のタバコの煙に燻されながら、「有限の時間」と「大切なお金」を浪費することは無駄だということです。

これでも貴方は1円パチンコを続けますか?いま一度考えてみてください。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です